ピルと喫煙の相性は非常に悪いです

ピルと喫煙の相性は非常に悪いです

ピルは月経前の諸症状や月経痛の緩和にも効果があるため、避妊目的以外でも服用する女性は少なくありません。
ただ、このピル、服用によって副作用があらわれることもあるため注意が必要になってくる場合があります。

ピルの服用で注意しなければいけない点のうち、最も有名なものを上げるとすれば、血栓症のリスクが極端に上がってしまう点です。
血液がドロドロになりやすくなること、そして血管自体が細くなる副作用があるため、血管が詰まりやすくなってしまうわけです。

年齢や体質によって多少の差はあるものの、血栓症によって引き起こされる危険性の高い病気である、脳梗塞や心筋梗塞のリスクも高まっていきます。
健康な状態でのピル服用であれば何ら問題はないのですが、元々血液がドロドロしている人であれば服用は避けるに越したことはありません。

そして、とりわけ注意が必要になってくるのが、ピルを服用しながらの喫煙です。
喫煙はその行為自体が健康を害する行為とされています。
喫煙の本数にかかわらず、煙草に含まれる成分で血管が収縮し、血栓症のリスクをさらに高めてしまう可能性があります。

元々、ピルを服用する場合には禁煙することを勧められるわけですが、その理由としてはこうした重大な病気のリスクが挙げられるためです。
中には本数が少なければ問題ないのではないか、と思う人もいるかもしれませんが、喫煙は本数の問題ではありません。
身体への負担を考えるのであれば特に、服用しながらの喫煙は避けましょう。

ピルはその飲み方さえ守っていれば非常に高い効果を発揮します。
避妊はもちろんのこと、婦人科系の諸症状にも効き目があるので、長く続けていくには打ってつけの薬といえます。
まずはピルの服用を始めるために、自身の体質や喫煙歴について確認していくことから始めていきましょう。

初めて服用する際にはまず、医療機関を受診して診察を受けていきます。
その後処方箋があって初めてピルを購入することができます。
価格が安い個人輸入でピルを購入する方法もありますが、安全を考慮するのであれば、定期的に医師の診察を受けるのがベストになってきます。

ピルの服用と喫煙で病気のリスクが高まる?

先にも挙げたように、ピルの服用と喫煙で脳梗塞や心筋梗塞など、血管系の病気のリスクが高まります。
これは科学的にも証明されていることで、年齢や体質で血管や血液の状態が悪くなっているという人は注意が必要になってきます。

本来、ピルは喫煙をしている人や年齢、体質でネックとなる点がある人は服用することが出来ません。
医療機関での最初の診断で、ピルの服用に体が耐えられないと判断された場合には、服用自体をあきらめる他ありません。

とはいえ、喫煙を控えることでピルの服用が可能になる場合もあるので、まずは医療機関で相談をしてみることからはじめていきましょう。
禁煙によって血管の収縮を抑えることが出来れば、体質が改善されていくこともあります。
ある程度禁煙から期間がたったころであれば、通常通り、ピルの服用を開始することもできるわけです。

ピルの服用を始めてからでも、体調に変化があらわれた際には注意が必要です。
頭痛や腹痛、めまいなど、ピルの服用で軽い副作用があらわれることはありますが、服用を続けることで徐々に和らいでいきます。

ただ、これが極端にひどい場合には、できるだけ早く医療機関を受診することが大切です。
場合によっては服用自体が中止になることもありますし、ピルの種類を変更することで対処が可能なこともあります。

状況によって違いはあるものの、ピルの服用を続けるには体質や年齢、持病の有無など、いくつかの条件がついてくるということは押さえておきましょう。
条件をクリアすることが出来なければその分、病気のリスクも高まりますし、身体に大きな負担を強いることにもなります。
こうした点を考慮してうまくピルを使い分けていくのがおすすめです。

ピルと喫煙の相性は非常に悪いです避妊に失敗したくないならピルを使うのが良いで公開された投稿です。

…continue reading