Category Archives: SCI-TECH

Nintendo Releases Free VR Update To Popular Games Including Smash Bros.

Source: Gaijin Pot
Nintendo VR Kit VR Update to Smash Bros. and Other Nintendo Games

On May 31, Nintendo announced new updates that included Virtual Reality compatibility for a few popular games on their official Twitter account.

【お知らせ】無料更新データ(Ver. 3.1.0)を配信しました。「VRゴーグルToy-Con」を使って遊べる、VRモードがおまけ要素として追加されました。VRゴーグルを覗くと、ファイターたちの乱闘が眼前に広がります。詳しくはこちらの映像をご覧ください。#スマブラSP https://t.co/IaeWGOT2vI

— 大乱闘スマッシュブラザーズ【スマブラ公式】 (@SmashBrosJP) May 31, 2019

The notice read, “The free Version 3.1.0 updates are now live, including a VR feature compatible with our Toy-Con VR Goggles. Use your VR goggles to watch the battle unfold before your very eyes. See our promo video for more.”

As the tweet explained, to enjoy the new VR enhancements you’ll need to get your hands on a Nintendo Toy-Con VR Kit, which was released in April this year. Games that got VR updates include fan favorites Super Smash Bros., Zelda: Breath of the Wild, and Super Mario Odyssey. But far and away, Smash Bros. is THE game that had the internet buzzing most about the VR update, thanks in part to the promotional videos released on Nintendo’s YouTube channel in both English and Japanese to promote the new feature.

The two videos have over 800,000 views combined, and they showcase several highlights of the VR enhancement to Smash Bros., which is mainly being able to see new perspectives and areas in several battle stages.

In response to the initial announcement, many fans were excited to try out this new technology, although several voiced concerns about possible motion sickness and the controls being difficult to operate.

One of these fans was Twitter user @taiyaki_sokeibu, who wrote, “It looks like it would be hard to work the controls, but it could be fun to just watch CPUs battle it out.”

操作はしづらそうだけどCPUの大乱闘見てる分には楽しそうですね

— たい焼きの鼠径部 (@taiyaki_sokeibu) May 31, 2019

Another fan who had tried the new VR update themselves, @mikirisi2, echoed this sentiment in a tweet and said, “Just tried …continue reading

    

Sennheiser debuts its first wireless gaming headset, the GSP 670

During Computex last week, Sennheiser gave media a sneak peek at its first wireless gaming headset, the GSP 670, slated to ship starting at the beginning of next month.

The GSP 670 retails for €349 (about $393), significantly pricier then other popular wireless gaming headsets (as well as its wired predecessor, the Sennheiser GSP 600, priced at $249.95). Sennheiser is hoping its features, as well as the company’s reputation for excellent sound quality and comfortable headsets, will convince gamers to take the plunge. (When I tried on a pair at Computex, it delivered on wearability, connection speeds and audio quality, but of course it is hard to tell how headsets will feel and sound after hours of gaming, versus a few minutes of testing).

Despite the freedom afforded by wireless, many gamers stick with wired headsets to avoid reductions in sound quality and connection speeds or having to worry about battery levels, issues that Sennheiser addresses with the GSP 670’s features. Like other wireless headsets, the GSP 670 needs to be connected to a wireless dongle. Each one comes with a GSA 70 compact USB dongle with proprietary technology that Sennheiser developed to ensure a low-latency connection it promises transmits sounds with “near-zero delay.” The USB is compatible with PCs and the Sony Playstation 4. The GSP 670 also has Bluetooth, so users can pair it with their smartphones and tablets as well.

The GSP 670’s microphone is noise-cancelling and can be muted by raising the boom arm. The headset has two volume wheels to allow users to control chat audio and game audio separately. Gamers can also adjust the audio on the GSP 670 with Sennheiser’s Gaming Suite for Windows, a software tool that lets users switch between audio presets or customize sound levels, …continue reading

    

Pokémon Sword and Shield arrive worldwide on November 15, 2019

Nintendo Switch has Pokémon games, but it doesn’t really have its own Pokémon games, not in the true sense. Pokémon Sword and Shield, coming November 15, 2019, will be the first real Pokémon games (don’t even mention Pokémon Let’s Go – don’t) for Nintendo Switch, and now we know more about them thanks to today’s Pokémon Direct livestream event from Nintendo.

Starting with the intro video, you can tell that Sword and Shield will be a full-fledged new extension of the Pokémon world taking place in the new Galar region – a fact emphasized by the theme song that played over it which featured the catchy hook “A whoollle new worlllddd.”

Plus in this new region, part of the fiction is that everyone loves watching battles on TV, which seems like it will come into play for big battles. We also got a glimpse at a bunch of new Pokémon, including a sheep one called Wooloo; a flower thing called Gossifleur (which evolves to Eldegoss); plus a “bite” type called Dredgnaw.

There’s also a new place called, not super imaginatively, the “Wild Area” which is pretty much an open world between human settlements where you get the chance to encounter wild Pokémon you can catch. These will vary depending on weather conditions and time of day, and it looks like much more of a free-ranging experience, when compared to the relatively hard-tracked previous instalments.

Pokémon also get a special power called ‘Dynamax’ in this instalment, which is a special power that makes them huge and more powerful for three turns. This also factors into a new mode where up to four Pokémon trainers can team up to squad raid a single Dynamax wild Pokémon who retains their amped up power for the duration of the conflict. At the end, …continue reading

    

Google Nest Hub 新登場

Google は、Google アシスタントを搭載するスマートディスプレイ「

Google Nest Hub は、毎日の生活に便利な情報を一目で確認できるスマートディスプレイです。Google アシスタントを搭載し、話しかけるだけで検索、YouTube、Google フォト、カレンダー、マップなど、Google の役立つ機能をディスプレイに表示して利用することができます。

どんなお部屋にもぴったり

Google Nest Hub はインテリアとしても馴染みやすく、どんなお部屋にもぴったりです。7 インチのディスプレイ画面は大きすぎず、部屋で写真を見るのにちょうどいいサイズです。柔らかく丸みを帯びたデザインは、キッチンカウンターや寝室のサイドテーブルなど、どんな場所においても違和感がありません。本体カラーは、Chalk、Charcoal、Aqua、Sand の 4 色。インテリアに合わせてお好みの色をお選び頂けます。

Google Nest Hub はカメラを搭載せず、カメラを置きたくない部屋での使用に適しています。端末上部には、周囲の光に合わせて画面の明るさを自動的に調整するアンビエント EQ 機能のライトセンサーを搭載しています。これにより、画面が極端に眩しく光ることがなく、表示される写真も自然と部屋に溶け込みます。また、就寝時は画面の照度が暗くなり、眠りを妨げることもありません。

朝のルーティンで一日の始まりをスムーズに

どんなご家庭でも、朝は慌ただしいものです。目が覚めてから家を出るまで、1 分たりとも無駄にはできません。そんな忙しい朝には、Google Nest Hub のルーティン機能を使って、効率的に情報を入手しましょう。「OK Google, おはよう」と声をかけるだけで、あなたにパーソナライズされた Google カレンダーの予定、Google マップを使った通勤ルートの交通情報、リマインダーや天気情報などの、一連の便利な情報がひと目で確認できます。また、話している人の声を聞き分けるボイスマッチ機能を使えば、最大 6 人が各々のニーズや好みに合わせたカスタムのルーティンを作成でき、家族での利用に便利です。

スマートホームをシンプルに

Google Nest Hub を使って、数多くのメーカーから販売されているスマートホーム向けデバイスを簡単に一括で管理できます。画面を上から下にスワイプすると、ご自宅でつながっている対応スマートデバイスの一覧を確認し、タッチで操作できるダッシュボード画面「ホームビュー」が表示されます。対応デバイスを操作するたびに別々のアプリを起動する必要はありません。家族のどなたでも、 Google Nest Hub のホームビューから、簡単に管理できるようになります。

Google フォトで思い出の写真を楽しむ

利用していない時は、Google Nest Hub をフォトフレームとしてお楽しみください。簡単な設定で表示する写真を自動的に更新することができ、いつでもベストな写真をご覧いただけます。また、Google フォトの「リアルタイム共有アルバム」機能を使えば、表示したい人物やペットの写真を自動的にアルバムに追加し、Google Nest Hub に表示できます。手動で写真をアルバムに追加する必要はありません。重複した写真や焦点のあっていないボケた写真は非表示になります。例えば、孫の写真を自動的に表示するよう設定したリアルタイム共有アルバムを実家のご両親と共有すれば、ご両親はいつでもお孫さんの最新のベストショットを Google Nest Hub の画面上で見られます。また、特定の写真を表示したいときは、「OK Google, 京都の写真を見せて」と声をかけるだけですぐに思い出の京都旅行の写真を表示できます。

キッチンで手がふさがっていても大丈夫

料理中に手がふさがっていても、Google Nest Hub があれば素早くレシピをチェックできます。たくさんのレシピの中からお好みのものを音声で検索して、スムーズに料理を始められます。

音楽や動画を楽しむのにも最適

Google Nest Hub を購入すると、YouTube Premiumを 3 ヶ月無料でお楽しみいただけます。*1 YouTube Premium は、YouTube Music や YouTube の動画を広告無しで視聴でき、オフライン再生やバッグクラウンド再生が利用できます。YouTube の他にも、様々な音楽や動画サービスのコンテンツをお楽しみ頂けます。Google Nest Hub はフルレンジスピーカーを搭載し、鮮明でクリアなサウンドを再生します。

日本での販売情報

Google Nest Hub の希望小売価格は 15,120 円(税込)です。6 月 12 日(水)より Google ストアをはじめ、各地の販売店やオンラインサイトでご購入頂けるようになります。

新しい Google Nest Hub、ぜひお試しください。



Google Nest Hub を購入できる主要な店舗・オンラインサイト

  • エディオン(株式会社エディオン)
  • Google ストア(Google)
  • ケーズデンキ(株式会社ケーズホールディングス)
  • コジマ(株式会社コジマ)
  • 上新電機(上新電機株式会社)
  • ソフトバンクショップ(ソフトバンク株式会社、SB C&S株式会社)
  • ソフマップ(株式会社ソフマップ)
  • TSUKUMO(株式会社Project White)
  • ノジマ(株式会社ノジマ)
  • PCデポ(株式会社ピーシーデポコーポレーション)
  • ビックカメラ(株式会社ビックカメラ)
  • ベイシア電器(株式会社ベイシア電器)
  • ベスト電器(株式会社ベスト電器)
  • ヤマダ電機(株式会社ヤマダ電機)
  • ヨドバシカメラ(株式会社ヨドバシカメラ)
  • 楽天ブックス(楽天株式会社)

お料理をサポートするレシピ

  • AJINOMOTO PARK(味の素株式会社)
  • オレンジページ(株式会社 オレンジページ)
  • クラシル(dely株式会社)
  • DELISH KITCHEN(株式会社エブリー)
  • Nadia(株式会社オーシャンズ)
  • macaroni(株式会社トラストリッジ)

音楽や動画コンテンツを楽しむ

  • AWA(AWA株式会社)
  • うたパス・ビデオパス(KDDI 株式会社)
  • Google Play Music(Google)
  • Spotify(スポティファイジャパン株式会社)
  • dヒッツ(株式会社NTTドコモ)*順次対応開始
  • Hulu(HJホールディングス株式会社)
  • ラジコ(株式会社 radiko)
  • YouTube / YouTube Music(Google)
  • U-NEXT(株式会社U-NEXT)*7月までの対応開始を予定

ニュースや情報を確認する

  • ウェザーニュース(株式会社ウェザーニューズ)
  • 日経電子版(株式会社 日本経済新聞社)
  • テレ朝ニュース(株式会社テレビ朝日)
  • WIRED(合同会社コンデナスト・ジャパン)

*1 2019 年 12 月 31 日までに Google Nest Hub の利用開始設定を行った日本在住の方のみご利用いただけます。YouTube Premium、YouTube Music Premium、Google Play Music のいずれも定期購入や無料トライアルをご利用になったことがない方のみ対象となります。2020 年 1 月 14 日までにご利用いただく必要があります。有効なお支払い方法をご登録いただく必要があります。無料トライアル期間が終了すると、通常の定期購入料金が自動的に課金されます。

Posted by Google Nest & Google アシスタントチーム <!– INSTRUCTIONS Enter info below to be used in google.com/about site blog syndication. Leave elements empty if there is no valid data. Example: http://1.bp.blogspot.com/-mX0dxJxp8dg/Vo8MSdxypWI/AAAAAAAARsI/EjaFhvgAEgc/s1600/Beutler_Google_Giftwrap_-v2TW.png –> …continue reading