「みんな捨てている」都内のビルが“ゴミ散乱地帯”に 投棄者直撃 飲食店有料ゴミや家庭ゴミまで

路上に散乱した大量のゴミ。反対側の歩道にまで散らばっている。 この写真を撮影した人は「自転車とかもジグザグに走って、みんな避けてた感じ」と証言する。

東京・蒲田の飲食店が立ち並ぶこの通りでは、相次ぐゴミの不法投棄に住民たちが悩まされている。誰が、何のために不法投棄をしているのだろうか。

問題となっているのは、ビルの専用ゴミ集積所。

飲食店などから出た有料回収の事業ゴミを一時的に集めるため設置されているものだが、ビルの関係者は、不法投棄で勝手に一般ゴミが捨てられており、夜中や明け方に捨てに来るので、誰が捨てたのかわからない状態だと話す。

その処理費用は、毎月約20万円余分にかかっていると聞きているそうだ。

いったい、誰が捨てているのか。

「イット!」が、ゴミ集積所の前に定点カメラを設置。

すると夜明け前1人の男性が、ゴミを捨てに来た。

本来、この集積所にゴミを捨ててよいビルではなく、別の建物の飲食店の店員とみられる。同じ飲食店の店員に話を聞くと、捨てたのはペットボトルだという。

なぜ、わざわざこの集積所にゴミを捨てていたのかについては、「(普段は)捨てていない。こっちはたまに、みんな捨てているから」と話した。

「みんな捨てているから」いっても、不法投棄とみなされる可能性がある。

取材班が、近隣住民にインタビューをしている時にも、自転車で通り過ぎる男性が、かごからゴミ袋を取り出し投げ捨てていた。

ゴミを捨てた男性:

「(何を捨てた?)家庭ゴミ。家で(ゴミが)たまってしまったので...」

男性が捨てていたのは、“家庭で出たゴミ”。

本来、無料で回収してもらえるものを、わざわざこのゴミ捨て場に持ち込んだことで、ビル側に有料で処理させる形になっていた。

こうした不法投棄にくわしい、橋下綜合法律事務所・松隈貴史弁護士は、「廃棄物処理法に違反する形になります。懲役5年以下または1,000万円以下の罰金。どなたが捨てたか特定できれば、捨てた方の責任になるんですけれども、それが特定できないと管理している方の責任というのも問われる可能性がある」と話した。

Illegal garbage dumping plagues Tokyo streets

Nov 22, (News On Japan) - Streets littered with heaps of garbage, even spilling onto the opposite sidewalks, have become a pressing issue in Kamata, Tokyo, where local eateries line the streets.  ...continue reading