バイオテクノロジーへの投資が莫大な収益に繋がる7つの理由
newsonjapan.com -- Jun 11
昨今のバイオテクノロジーは、画期的な製品開発や奇病の治療に取り組む研究者を鼓舞してきました。バイオテクノロジーの進歩によって、環境負荷の減少や作物収量の増加させ、これによって飢餓に苦しむ人々に食料を与える事や、よりクリーンなエネルギー利用を可能にしました。バイオテクノロジーは産業製造の過程においても改革を起こし、ますます安全でクリーン、そして効果的になっています。

確かに、バイオテクノロジーは投資回数が多く、その莫大な利益だけでなく、世界の情報構造を変える能力、そして人類全体に前向きな影響を与える可能性を持っている為、更なる研究が必要な分野です。

この様に現在急成長を遂げているバイオテクノロジーですが、あなたがここに投資をするべき理由が7つあります。

世界的問題の解決

バイオテクノロジーへの投資は、莫大な潜在的利益に直結します。気候変動や高齢化社会、食物やエネルギーの安全、感染症などの世界的問題解決に賛同する事は、宣伝広告としても良い役割を果たします。 ここに投資する事は、あなた自身を問題解決への重要な一員とし、何百万という命だけでなく、毎日深刻な病気や脅威に直面している発展途上諸国を救う事が出来ます。 潜在的な見返りを求めていないとしても、これらの慈善活動はあなたやあなたの会社に対しての印象を、より良くする事は間違い無いでしょう。 それだけでなく、気候変動に関連した問題の増加により、これらの分野は将来的にますます重要な分野となっていきます。まずは投資家としての第一歩を踏み出す事で、企業や政府がこの美しい地球の存続や、住みやすい環境への改善に歩を進めた際に、あなたを重要人物として位置付けるでしょう。

バイオテクノロジー - 革新の島

バイオテクノロジーの革新は急激上昇のレベルに達しています! 毎年、科学やテクノロジー分野における新たな功績は世界中を驚かせ、投資家にも明確な利益を生み出しています。破壊的な力を持つ新しいテクノロジーを基盤に、全ての業界が創造されるか、または劇的な変化を遂げています。 昔は不可解とされていた事柄が、現在では世界経済がテクノロジーにおける最新事情としてに迅速に採用する様になってきました。急速に変化や発展を遂げる我々の世界においては、製品発売動向の綿密な分析やビッグデータの数値が計算された後に明らかになる投資への機会が沢山あります。 バイオテクノロジー発明の着実な進歩は、特定分野に出資して一晩で膨大な成果を出すような金融業者にも大きな影響力を持っています。

バイオ燃料の多大なる潜在能力

多様なバイオ燃料開発は、誰もが必要と願う事です。しかしながら、これほどの大きな事柄を扱う新しい組織やプログラムに投資する機会は極めて稀なのです。 経済の将来にとって汚染への解決策を見つけるのは、人類全体が直面している最大の問題の1つと言っても過言ではないぐらいに重要事項である為、金融市場を燎原の火の様に広がるバイオ燃料の誇大広告は、決して嘘だとは言えません。 Greenfactsという団体は、「近年、液体バイオ燃料生産は急速に成長を遂げてはいるが、全体的な燃料消費量においてはわずか1%のみであり、世界的エネルギー消費量に至っては、わずか0.2~0.3%にしかならない。」と述べている。 この数値は将来必然的に増加の道を辿る為、まだ最新技術とされている今のうちに投資を検討するべきです。 農業支援 農業はバイオテクノロジーが有効となる活用法の1つとして、大きく取り上げられてきました。我々は何十万年もの間、植物を消費やその他の用途で栽培してきましたが、農業を当てにしているあまり、環境変化によって広範囲な飢饉を招く可能性があります。 ここ数年で、農業技術は目まぐるしい発展を遂げてきました。 古代ギリシャの輪作から始まった作物収穫量の調整は、現在では遺伝子組み換え生物(GMO)の創出によって、作物の保護や収穫量の確保をより正確にコントロール出来る様になりました。このバイオテクノロジーがなければ、我々は路頭に迷っていたかもしれません。 最近、農業はバイオテクノロジーを含むいくつか他の産業とも絡み合っていますが、投資家は広い範囲で様子を伺ってきました。しかし、人間にとって、テーブルできちんとした食事を摂るよりも重要な事は何も無いのです。 気候変動がこの業界の改良と急速な革新を後押ししている為、バイオテクノロジーを通しての農業支援は、将来的に何かが期待が出来るのは明らかです。

バイオテクノロジーにおける収益拡大

現金を費やす投資家にとって、具体化されていない理論的市場を追求するよりも、発展途上分野のバイオテクノロジーへの投資の方が、より良い収益が見込まれます。 The New European Economy(新ヨーロッパ経済)の調査によると、バイオテクノロジー株は市場において最も強力な実績を残しています。これは政府、特に米国が深く関わっています。2012年、米国政府の投資額が非常に高かった為、業界内での楽観主義的投資家が大幅に増加しました。その他の調査からは、バイオテクノロジーでの年間収益が10年後には15%も上昇しているという結果が報告されています。分かりやすく書くと、これはS&P500種株価指数にすると2倍以上の上昇率です。

バイオテクノロジーへの投資は価値があるのか?

今後の動向が予想できないバイオテクノロジーへの投資は、この技術がまだ成長初期である事もあり、ある意味賭けの様に感じるかもしれません。ですがいずれにせよ、気候変動が我々の生存にとってよりバイオテクノロジーを重要視する事からも、価値のある賭けだと言えるのでは無いでしょうか。 バイオテクノロジーへの投資は、ロケットの打ち上げに少し似た感覚があるかもしれませんが、報酬は膨大になる可能性を秘めています。2014年にプーマ・バイオテクノロジーが新たな試験的乳がん治療薬候補のフェーズ3治験ニュースを発表した際に、株価が295%もの驚異的な成長を遂げた事実ほどいい例はありません。 バイオテクノロジー採用やプログラムに投資をする事は非常に有利な選択であり、この分野についての知識を得ればそれだけ、勝算を持つ事が出来るのです。この分野に専門的な組織や個人とのネットワークは、バイオテクノロジーへの投資をする以前に非常に重要な事です。 世界中から専門家が集まる「台湾バイオテクノロジー展2018」などのイベントで、興味のある分野におけるホットな話題についての討論やアイデアの交換をする事も、勝ち組へと進む大きな一歩になるでしょう。

壮大な事柄に関わる

前述した通り、バイオテクノロジーに投資をする事で、世界をより良くするという変化の中心に自分自身を先駆者として置けるという、潜在的価値に繋がるのです。そこを考慮に入れれば、利益を上げながら社会を助けられるという、こんなにも双方に有利な状況など他にはないでしょう。バイオテクノロジーに投資をする事は、上手く行かなかった場合でも建設的な評価が得られ、上手く行った場合は世界に大きな変革をもたらし、それと同時に多額の資金を得る事が出来るといった意味でも、他の投資に比べても安全な選択の1つと言えるのです。

News source: newsonjapan.com
Oct 20
Final preparations were under way Friday for the launch of a joint mission by European and Japanese space agencies to send twin probes to Mercury, the closest planet to the sun. (Japan Times)
Oct 19
An international team of researchers has given the name Godzilla to one of what it calls the modern constellations. The monster is among the most popular film characters created in Japan. (NHK)
Oct 18
For years, electronics giants have been developing smartphones with increasingly larger screens. Bucking the trend for phones to be bigger and flashier is a handset set to debut next month from NTT Docomo Inc. that can fit in your business card case. (Japan Times)
Oct 18
More than 1,100 rubella cases have been reported this year in Japan, raising concern about serious health impacts on unborn babies who could be infected with the disease by their mothers during pregnancy, a national institute said Tuesday. (Japan Today)
Oct 18
Preferred Networks Inc., a Japanese venture specializing in artificial intelligence, unveiled on Tuesday a fully autonomous tidying-up robot for home use. (Kyodo)
Oct 16
Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga says Facebook has informed the government that its recent massive data leak could involve Japanese users. (NHK)
Oct 15
The government will announce an ambitious plan aimed at cutting disposable plastic waste by 25 percent over the next decade while promoting environmentally friendly bioplastics made from plants, sources said Saturday. (Japan Times)
Oct 12
Japan's space agency says it will postpone landing its Hayabusa2 probe on the asteroid Ryugu until at least next January. The landing was planned for late October. (NHK)
Oct 06
Japan is on of the most technologically advanced countries. In fact, it exports technology to different parts of the world. The country had disappeared from economic forums when the stock market crashed in early 1990s, however now even market leaders agree that Japan is far ahead in the race when it comes to tech. (newsonjapan.com)
Sep 24
A Japanese cargo spacecraft, the Kounotori 7, is on its way to deliver supplies to the International Space Station. (NHK)